仮審査と本審査は異なるもの

カードローンの審査には2種類(仮審査と本審査)があり、融資が決定するのは本審査です。この審査を受けないことには、ローン契約をすることはできません。審査を受けずに融資してくれる業者はなく、もしあるとすれば闇金くらいのものです。

 

仮審査とは、融資できる可能性について知るものであり、こちらで融資可能と判断されても、100%契約できるわけではありません。契約できる可能性が高いという程度のものであり、融資を保証するものではないのです。

 

ただし、かなり精度の高い審査となっていますので、仮審査を試してみるのはいいことでしょう。属性・個人信用情報ともに問題ない方ならば、ローンの審査でつまずくことはないかもしれませんが、審査に自信のない方は仮審査を試してみるといいです。

 

いろいろな業者の仮審査を試してから、本審査を受ける業者を限定していくという手もあります。本審査では記載内容に誤りがないように注意する必要があります。仮審査では年収380万円と入力したのに、本審査で400万円と入力すれば、情報に相違があることになり、融資を断られる可能性もあるのです。

 

融資を決める大切な審査だからこそ、うっかり記載ミスはないようにしてください。

審査は業者によって基準も異なる

一般的に、審査はフリーで借りるよりもオリックス銀行おまとめローン審査基準の方が厳しいとされており、おまとめ一本化融資は審査に通りづらいです。