審査における住居形態と与信枠

キャッシングを利用する場合、意外と重視されるのが住居形態です。利用者の返済が遅れたとき、キャッシング会社は当然のことながら、返済を催促する連絡を入れることになります。住所不定でない限りは、住居形態を理由に審査で断られることはほとんどありませんが、住居形態が安定していると連絡が取りやすいため、与信がアップする傾向があります。

 

キャッシング会社にとって最も都合の良い住所形態は、一戸建てやマンションです。特に一戸建ての場合は簡単に家を手放すとは思われませんから、連絡が取りやすいと判断されます。

 

また、一戸建ての場合は家賃による支出がないので、その分を借りたお金の返済にまわすことができるとみなされます。もっとも、マイホームを買ったばかりで、月々の住宅ローンを支払っていると、審査に通りにくくなったり与信が低くなることがあります。

 

住宅ローンの利用は信用情報センターに連絡すればすぐに分かることです。嘘をついてしまうと、信用度が落ちてしまうので正直に答えましょう。

 

とはいえ、住宅ローンは総量規制には掛からないので、必ずしも不利になるとは限りません。店員と相談して、きちんとした返済計画を立てれば融資してもらえる可能性も高くなります。

 

借り入れ先によって審査基準は異なるので、銀行で借りるソニー銀行カードローン審査の内容は、他の貸金業者や銀行とは違います。

自分がどのようにして借りたいのかイメージする

何を目的としているのか、いつまでに借りたいのかを考え、時間をかけずに早くに借りたいなら大手消費者金融のプロミスを使うようにし、自分に合う借り入れをすべきです。